共通ナビゲーションを飛ばす
プレスリリース

アブダビ石油株式会社 ヘイル油田生産開始のお知らせ

2017年11月8日
コスモエネルギー開発株式会社

コスモエネルギー開発株式会社(代表取締役社長:日下部 功)の子会社であるアブダビ石油株式会社(代表取締役社長:日下部 功、以下アブダビ石油)は、11月7日に新規油田のヘイル油田において原油の商業生産を開始しましたのでお知らせ致します。

新規油田からの原油生産開始は、アブダビ石油では、1973年のムバラス油田、1989年のウム・アル・アンバー油田、1995年のニーワット・アル・ギャラン油田に続くものです。また中東において、日系企業が操業権を持つ油田からの生産開始は、2011年以来となります。

ヘイル油田は、2012年12月6日より既存油田について新たに30年間の利権更新をした際に、権益を追加取得した油田です。権益を取得後、3D探鉱や評価井の掘削などによる評価作業、新たな人工島の造成や地表設備の建設、新規生産井の掘削などを進めて参りました。

当該油田の生産規模は既存3油田合計と同程度の見込みです。同油田は既存油田の近傍に位置するため、既設設備を最大限活用することによる新たな設備投資の抑制と生産量の増加に伴い、単位当たり操業コストを低減することができます。

アブダビ石油は、1968年の会社設立以来半世紀にわたる操業実績と環境・生産技術に関する信頼を積み重ねて参りました。これからもアラブ首長国連邦アブダビ首長国にとって当社が友好的かつ信頼されるパートナーであり続けるように努力して参ります。

■ ヘイル油田鉱区について

図:アブダビ石油 ヘイル油田位置図
アブダビ石油 ヘイル油田位置図

【アブダビ石油株式会社 会社概要】

本社所在地 東京都港区芝浦一丁目1番1号
代表者名 代表取締役社長  日下部 功
設立年月日 1968年(昭和43年)1月17日
資本金 127億6333万5760円
株主構成 コスモアブダビエネルギー開発株式会社 64.4%
JX石油開発株式会社 32.2%
関西電力株式会社 1.7%
中部電力株式会社 1.7%
■ コスモエネルギーグループの石油開発部門

図:コスモエネルギーグループの石油開発部門

(※)MIC:アブダビ首長国100%出資のエネルギー関連投資会社
IPIC(International Petroleum Investment Company)とMDC(Mubadala Development Company)が統合し、持株会社としてMIC(Mubadala Investment Company)設立。
写真
アウターウイングバルブ開放
(生産開始時)
写真
圧力計(生産開始時)

写真
生産開始セレモニー
写真
田中所長とADNOC職員

以上

【本件に関するお問い合わせ先】
コスモエネルギーホールディングス株式会社
コーポレートコミュニケーション部 広報室 青井・増田
電話 03-3798-3101  FAX 03-3798-3841

本文ここまで

Copyright© COSMO ENERGY EXPLORATION & PRODUCTION Co.,Ltd. All Rights Reserved